2018/10/15

あら? ふぉー?

 まったく殿、お誕生日おめでとうございます。

 ……。
 ……すんません、イラストは用意してないんです。ほんとすんません。

 それにしても、もう私らもこんな歳ですよ。早いもんですにゃー。
 なんというか、今年の誕生日はいろいろと制限がかかる感じがして、妙な重みがありますよね。
 …私だけ?(汗
 いや、ほら、就職の年齢制限にひっかかりやすくなるし!(正社員で働いてる人に言うことじゃないなコレ

 まぁ、逆にいろいろ諦めるきっかけにもなってるんで、それはそれで悪くないかなとも思うわけで。


 結局何が言いたいのかわからなくなりましたが、とにかくおめでとう。

 
雑談 | Comments(2)
2018/10/12

秋アニメの話でも

 夏に比べて期待値が高い感じはする。
 そのせいで本数が半端無い。

 
>>続きを読む
アニメ・マンガ | Comments(2)
2018/10/03

夏アニメの感想

 なんかこの頃アニメの感想と短編小説しか投下してない気が。
 …ま、いいか。ここはそういう場所だ。

 
>>続きを読む
アニメ・マンガ | Comments(2)
2018/09/26

たぶんそういうこと

 先日一つ歳を取りまして、アンケートの年齢を記入するところに十の位が繰り上がった数字を書かなきゃいけなくなって戦々恐々としている今日この頃。
 この歳になると先のことを考えることが増えて、そのたびに「絶望しかないなwwwww」と笑うしかない状況になるわけですが。なんというか、一人だと不安だらけだなと思うわけです。
 で、わりと嫁が欲しいと思ったりしなくもないんですけど、嫁に求めることをいろいろ考えると、やっぱりメイドさんでよくね? という結論にしかならなくてですね。
 ああ、もう私はすぐそこにある終末へ向かっていて引き返せないんだなぁと思うようになったりとか。
 まあ、それでもいいんですけども。諦念って便利だよねっ♪(やけくそ


 なんてことを言ってるけれど、ヴィアーチェがメイドさんとしてやってきたとしたら、たぶんというか間違いなくプロポーズしてると思うのです。だってヴィアーチェだよ? 嫁にしたいと思うのが当たり前やないか!(キレ気味


 というわけで。


 ヴィアーチェが画面から出てこないかなぁ……(*´д`)
 なによりも大切にすると宣言できるし。
 何卒。

 
>>続きを読む
雑談 | Comments(0)
2018/09/17

短編小説 「わたしの凛々しい甘えん坊」 後編

 女の子同士で髪の手入れをするってのが、どうやら私の中の百合キーワードらしい。
 この作品が途中で行き詰って、気分転換で他の百合小説を書いてたりする(完成させる気はないです)んですけど、そこでもやっぱり髪をいじるシーンがあります。
 好きなんですよ、こういうシーン。

 というわけで、後編をどうぞ。


・作品に関する注意・
 この作品はフィクションです。登場する氏名・団体等は現実のものと一切関係ありません。
 作中に百合表現があります。苦手な方はご遠慮ください。



 この先は前後編の後編になります。前編を未読の方はコチラへ → 前編


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
 | HOME | Next »