2015/07/04

自動車用簡易電圧計を作る

 自動車のバッテリー上がりでバッテリーとブースターケーブルを持って客のところへ行くことがありますけれど、電気つけっぱなし(ヘッドライトや車幅灯、ルームランプ等)でバッテリーが上がっただけだったり、バッテリー自体の劣化で蓄電できなくなっててエンジン始動できないケースがほとんどです。
 …が、中にはそうでないものもあって、経年数が大きい車や距離が伸びてる車だとオルタネーター(発電機)の故障でバッテリー上がりを起こしているケースがあります。
 エンジンの回転を利用してエンジンやその他電装品に電気を供給するとともにバッテリーを充電するのがオルタネーターの仕事なのですが、それが故障すると発電しなくなって、バッテリーの電気だけで車を動かすことになり、そのうち点火する電力も足りなくなってエンジンが止まってしまうわけです。
 そこでオルタネーターが故障しているかどうかを判断するためには、バッテリー電圧を測ってやる(もちろんバッテリー単体ではなく車載・接続状態で)のが一番簡単。大抵の車にはバッテリー電圧の低下を警告するワーニングランプがメータ―パネルに表示されますが、バッテリーが元気でエンジンが回っているけどオルタネーターが死亡している場合にはワーニングランプが点かないこともありますので判断は難しい。なので、テスター等で電圧を測る必要が出てくるのです。

 バッテリーは通常、12V前後の電圧があります。エンジン停止時にプラスとマイナスの端子間電圧を測ると、もちろん12V前後の数値が出ます。
 エンジンをかけるとオルタネーターが仕事をするので、おおよそ端子間は13.5~14Vくらいの電圧になります。ヘッドライトやエアコン等の電装品を使っているともう少し下がりますが、バッテリーを充電するために最低でも13Vくらいは出ます。
 で、オルタネーターが死亡していると、エンジンが回っていてもバッテリー電圧しか出ません。大抵は11~12V。
 オルタネーターが新品なのに電圧が14V近くまで行かないというときはハーネスの断線等を疑いましょう。

 前置きが長くなりましたが、エンジンがかかっているときに電圧を測れば、発電しているかどうかを判断できます。なので、電圧計が必要となるのです。
 それを今回、作ろうというわけでありまして。


 材料はこの二つ。

vm001.jpg

 以前USB扇風機のためのDC/DCアップコンバータを作るときに購入した「ダイソー製ダウンコンバータ」の余った外装と基板、4~30Vまで測定可能というデジタル電圧計の二つ。電圧計はAmazonで買いました。というか尼で見かけたから電圧計を作ろうと思ったのであります。

 では、作業開始、ということで。

 
>>続きを読む
電子工作 | Comments(0)
2015/06/20

使い道…

 最近「TWE-Lite(トワイライト) 2525A」という加速度センサのことを知りまして、少々興味が湧いております。
 で、コレは本体の設定で、「タップ」「ダブルタップ」「落下」「動く」「停止」という5つの挙動のいずれか一つを無線で親機に発信できるというもの(詳しくはメーカーのページでどうぞ)で、大変面白そうなシロモノです。

 コイツがあればいろんなことができるなー。

 と思うんですが、具体的なアイデアがまったく浮かんでこないので、多分入手しても無駄なんだろうなぁと思います(笑
 本体と周辺機器を用意したら結構お金かかるし……

 しかしまぁ、こういうので遊んでみたいものです。
 好きなんですよね、こーゆー「ものづくり」的なのが。

 
電子工作 | Comments(0)
2012/12/10

思い出した

 去年、USB電源で光るミニクリスマスツリーを作ろうとしていたのを思い出した。
 そのために各色LEDと電解コンデンサを買い込んで、そのまま放置してたんだっけ。
 とりあえずミニツリーを調達してこないと始まらないから、近所の店をハシゴしなきゃですよ。
 電子回路の設計もしなきゃいけないし、ブレッドボードで作動試験もしなきゃいけない。
 やらなきゃいけないことが結構多い。


 ……めんどくさくなってきた…(´・ω・`)



 そもそも、ミニとは言えLEDが6個しか光らないショボツリーに意味はあるのだろうか。

 
電子工作 | Comments(0)
2011/11/25

じばく

 高さ10センチくらいのミニクリスマスツリーが近所の店に売られていて、もうそんな季節なんだなぁ、としみじみ思いました。で、なんとなく非安定マルチバイブレータ回路で各色LEDを点滅させて、ミニクリスマスツリーでも作ってみようかなぁ、なんてことを思い立ちまして、久々にブレッドボードや電子パーツに向き合うことに。
 上記リンク先にあるのは2つのLEDを交互に点滅させるもので、この回路を3つ作って、合計6つの色の違うLEDを点灯させたらそれっぽくなるんじゃないかなーと。

 というわけで、早速点滅周期と、LEDの発光色による周期の違いを実験すべく、回路を作成。



 …………。



 …100μFの電解コンデンサの在庫が無い…orz

 10μなら3つあるし、ひとまずそれで間に合わせようかと。コンデンサ容量が1/10になってるので、抵抗を10倍にしてやれば周期はほとんど同じになるはずですし。多分。
 で、赤色LEDで実験してみましたら……点滅速すぎ(笑
 クリスマスツリーのゆったりとした点滅に比して慌ただしいにもほどがあります。
 というわけで、トランジスタにつながってる抵抗値を少し大きくしてやりました。100kから220kへ。そうすると先ほどよりはゆっくりになりましたが、それでもまだ速い。なのでさらに倍近い470kにしてみると、周期はちょうどよくなりましたが、LEDがやたらに暗くなってしまいました。多分抵抗が大きすぎるのでしょう。
 この問題を解決するには「抵抗値を下げる」しかないわけで、そうすると点滅周期が短くなってしまう。とすると、抵抗値を小さくしつつ周期を長くするには、コンデンサ容量を上げるしかないわけで。
 要するに10μFの電解コンデンサしかない現状では解決できない、と。

 \(^o^)/

 またわざわざポンバシまで行って材料集めしなきゃならんのか……(´・ω・`)





 というか、一人寂しくクリスマスツリーのイルミネーションなんか作っても悲しくなるだけだよナ…ははは。

 
電子工作 | Comments(0)
2011/07/31

仕様変更

 以前作ったPCケースファン流用のUSB扇風機を、乾電池駆動のポータブル仕様にしてみようと思いまして。
 そのために必要な変更点は、大雑把に言えば2つ。

・USB(5V)電源を乾電池4本(6V)に変更
・オン/オフスイッチの増設

 あと、オプション的に回転数を変更できるようにボリュームかロータリースイッチを取り付けるのもいいかもですね。ボリュームなら無段階、ロータリーなら2~3段階くらいで速度調節できれば上等でしょう。

 ただ、消費電力がどのくらいあるのかが分からないので、乾電池で回すと電源コストの問題も考えないといけません。乾電池4本で15分くらいしか回せない、とかだったら非効率この上ないですし。単純にエネループなどの充電式乾電池で使うことを前提に考えた方がいいのかしら。こればかりは実際に作ってみて、回してみないとわからないですねぇ…。

 ポータブルとは言っても使用するファンが120ミリだから、それほど小型化できないという問題もあるナ…。どうやってもファンの幅が120ミリあるわけだし、それを固定するフレームを入れたら150ミリくらいになっちゃう。それじゃあポータブルじゃなくてワイヤレス小型卓上扇風機じゃないか、とか。

 まぁ、ともかく。
 乾電池仕様にすれば持ち運びできるという利点が生まれるんだし、やってみる価値はありそうです。基本設計はUSB電源で作った物の流用で可能だからそれほど苦労はしないっぽい。
 必要な材料をリストアップしてポンバシに行ってこようと思います。
 盆休みは多分ヒマだろうし、ちょうどいいヒマ潰しです。

 
>>続きを読む
電子工作 | Comments(0)
 | HOME | Next »