2018/06/09

短編小説 『たたかう工房メイドさんたち』 前編

 かつて工房には「ガードメイド」という役職がありました。
 元傭兵のアレッサと剣の達人クローディアがその任に就いていました。
 …が、その腕前を発揮することなく、いつの間にか「ガードメイド」という役職は廃止され、日々アレッサは工房の掃除に明け暮れ、クローディアは農業と犬の世話と洗濯と掃除と食事の支度というお母さんのような仕事をすることになりました。

 そんな彼女たちが、本職(?)で活躍する――今回はそういうお話です。多分。


【注意】
 この作品はフィクションです。
 登場する人物・団体・名称等は現実のものと一切関係ありません。



 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2018/06/09

短編小説 『たたかう工房メイドさんたち』 中編

 こういうテーマで工房小説を書くと、大抵ヴィアーチェは脇役になるんですけど、なんででしょうね。
 突出した能力はないけど、それでも高水準にあるんだから一つや二つは活躍してもいいと思うんですけども。
 なんというか、大長編ドラ○もんにおける出○杉くんのポジションなのかしら。

 …出○杉くんで思い出したけど、「の○太の大魔境」のヘビースモーカーズフォレストって、作者の創作なんですって。実際にはそんな地域はないらしいとか。私は30年以上、本当にあると思ってたのに…(´・ω・`)


【注意】
 この作品はフィクションです。
 登場する人物・団体・名称等は現実のものと一切関係ありません。


 これは中編です。前編を未読のかたはこちらへ → 前編

 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2018/06/09

短編小説 『たたかう工房メイドさんたち』 後編

 こうして見ると、工房最強ってつくづくメイリンだよなーと思うんですがどうでしょうか。
 可愛いし黒髪だしメイドだしメガネだし幸運の神様に溺愛されてるし工房主のこと好きだしひんぬーだしメガネだし。
 この子を最強と言わずして何が最強なのか。

 …あ、ヴィアーチェは至高だから。最強とはベクトルが違うので。


 それにしても、アレッサってほんと動かしやすくて助かるわ。
 小説にすると思い通りに動いてくれるからありがたい存在です。
 だからもっと愛情注いであげないとダメですね。


【注意】
 この作品はフィクションです。
 登場する人物・団体・名称等は現実のものと一切関係ありません。


 これは後編です。前編および中編を未読のかたはこちらへ → 前編  中編

 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2018/03/12

工房主 (……調子悪そうだなぁ……)

ヴィアーチェ 「今朝の報告は以上です」
工房主 「ありがとう。ところで一つ質問があるんだけど」
ヴィアーチェ 「はい」
工房主 「体調悪いよね? それもここ一週間くらいずっと」
ヴィアーチェ 「いいえ、そんなことはありませんが」
工房主 「そんなことあるから言ってるんだよ」
ヴィアーチェ 「主さんの思い違いです。なんともありません。それでは私は仕事に戻ります……」
工房主 「ほら、いま振り向いたときにちょっとバランス崩したろ」
ヴィアーチェ 「…………いいえ」
工房主 「ともかく。ちょっとそこの椅子に座って。話をしようか」
ヴィアーチェ 「命令ですか」
工房主 「命令です」
ヴィアーチェ 「……わかりました」

 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/09/29

工房小説 『思い込んだら百里の道を』 After

 先日投下した工房小説の後日談(当日の話ですけど)です。
 ローナとヴィアーチェのやりとりの結末を書いていなかったので追記ということで。



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
 | HOME | Next »