2010/11/22

こういうときに困ることもある

 よく他人を懲らしめるときに使われる「ギャフンと言わせる」という言葉があります。

 でも、普通に考えたら「ギャフン!」って悲鳴を上げる人、いないですよねぇ…(´・ω・`;)
 この言葉は「不可能なことをする」という意味で使ってもいいんじゃないかと。
 そんなどうでもいいことを考えてしまいました。


 本題。
 そろそろ年賀状を用意しなきゃならない時期ですね。
 ウチは商売をやってるのでお世話になっているお客さんに年賀状を出さないといけません。で、PCを導入してからは年賀状製作は私の管轄になっています。
 というわけで、今年も親から「印刷お願いね」と年賀状の束を渡されました。
 はいはい~と私もそれを受け取ってPCの前に座って……気づきました。

 P C 買 い 替 え た か ら 年 賀 状 ソ フ ト が 入 っ て ね ェ…(`・ω・´;)

 今まではVAIOにプリインストールされていたソフトを使っていたんですが、買い替えたPCは自作なので当然そんなソフトは入っていません。それどころか住所録のバックアップすら無いという有沢。…もとい、有様。
 ど、ど、ど、どうすんだよ!? 今から住所録を作って手書きで宛名書きするとかってありえねーよ!?
 事態の深刻さに気付いた私は、さっそく親に相談しました。
 すると。

「知らんがな(´・ω・`)」

 ですってよ奥さん。全部私に任せてあるからそんなこと言われても知らないよ、ですって。
 思わず「ギャフン!」って言っちゃったですよ。


 というわけで、VAIOに入っていたソフトで作った住所録データを読めるソフトの購入(我が家の財務省に予算要求書提出済み)と、動かなくなったVAIOのHDDから住所録データを引き出す方法を考えなきゃいけなくなりました。
 邪魔だから箱に入れて物置に押し込んだVAIOさんを出してきて電源を組み直してリカバリしてシステムが不安定になる前にデータを吸い出しさなきゃならないのか……メンドクセ('A`)


 クリスマス絵とか年賀絵とか描かなきゃならんのに…。
 もうクリスマスは短編小説で乗り切ろうかな。

 
>>続きを読む
雑談 | Comments(0)
2010/11/21

よいこはまねしないでね

                            本題に入る前に言っておくッ!
                    おれは今電子レンジの潜在能力をほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『昼食に出た冷奴を電子レンジで温めたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ         跡形もなく爆散した』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    卵を入れたとか突沸だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…



 …いや、まぁ、豆腐の中の水分が蒸気になって本体を吹っ飛ばしたということくらいはわかるんですけど、まさかああもきれいに爆散するとはあまりにも予想外でした。
 やはり木綿豆腐は絹ごし豆腐より硬いだけに圧力を貯め込んでしまうから爆散する際のエネルギーがすごいんだなぁ…


 というわけで本題。
 …なんですけど、豆腐爆散事件があまりにも衝撃的すぎて何を書こうとしていたのかを忘れてしまうという事態になっておりまして…。
 思い出し次第書きます。

 
雑談 | Comments(0)
2010/11/20

ケンカするほど仲が良い…らしい

 ある日のアレッサと清水冬花さん。


rkgk02-01.jpg

 こう見えて実は仲が良い…らしい。
 画像をクリックすると拡大表示します。


 それにしても煽りアングルって難しいもんですなぁ…
 冬花さんが普通のアングルになっちゃいましたですよ(´・ω・`;)
 微妙に冬花さんが小さいし。

 まだまだ修行が足りていないようです。

 
>>続きを読む
落描き | Comments(2)
2010/11/19

大自然の摂理



 今期アニメの「それでも町は廻っている」。
 内容はさておくとして(マテ

・シャフト製
・メイド
・シュール

 この3つが揃ったアニメに私がはまらない理由があるだろうか?
 否! 断じて否!

 というわけで今期アニメはこれだけが楽しみで生きてます。
 他は…イカ娘くらいでしょうかね。それ以外は普通に見てるだけという感じです。
 それにしても、歩鳥(アコーディオンを弾いてる子)の中の人、ひだまり星3つのなずな氏と同じ人なんだけどギャップあり過ぎ。
 でも「夏のあらし!」の潤のことを思うとそうでもないという。
 どちらにしても棒っぽいのは変わらないわけですよ。
 …まぁ、あれだ。
 これを「小見川スタイル」として売りにしたほうがいいかもね。旧仲井絵里香さんみたいに。

>>続きを読む
アニメ・マンガ | Comments(0)
2010/11/18

ニホンゴムズカシイ

 とりあえず「い・ろ・は・す」の温州みかんエキス入りを開発した人はマジ天才だと思う。


 などというわけのわからない書き出しはさておき。

 唐突ですが、小説などの文章を書くときはなるべく同じ単語が短区間で何度も出ないようにする、というルール(というほど厳密なものではないですけど)があります。例えば、

「彼は怒りに燃えていた。私は彼がこれほどまでに怒りをあらわにしたところを見たことが無い。それほどに彼は怒りに燃えていた」

 といった文章。わずか2行に『怒り』という単語が3回も出ています。これの何がいけないのかというのは人それぞれの感じ方なのでしょうが、普通は同じことを何度も繰り返し言われているような印象を受けてしまい、読み進むリズムを阻害することもある。……らしいです。これは某所の受け売り(殴
 もちろん「彼がめちゃくちゃに怒っている」ことを印象付けるための手法としてわざとやっているケースもありますが。

 で、作家はそのリズムを崩さないためにちょっと細工するわけです。その方法は、「意味はほぼ同じだけど違う単語を使う」というもの。
 例えば、

「彼は怒りに燃えていた。私が彼がここまで激高したところを見たことが無い。それほどに彼は憤怒していた」

 という感じで。「怒り」を表す単語である「激高」「憤怒」に置き換えてみました。
 例文自体が悪いせいであまり変わらない気がしますけど、同じ単語を何度も読まずに済むのでそれほど違和感は無いと思います。
 ただ、この手法はいわゆる「語彙力」が無いとできないのが難点ですけれど(汗
 某本格ミステリー作家曰く「1つの単語に対して最低でも10個くらいは同じ意味の違う単語を知っていないと作家としてキツい」とのこと。まさかそんな、と思ってその作家の作品を読んでみると、見事にいろんな単語で同じ意味を示していたり。素直に「スゲェ」と驚いたもんです。


 ……えーと、結局なにが言いたいのかってことなんですが……

 固有名詞だから代替単語があまりなくて繰り返し出てしまうときはどうすりゃいいんですか!

 という問題を抱えている私に光明はあるのか、ってことです。はい。
 「ヴィアーチェ」を表す代替単語なんて、代名詞の「彼女」を除けば「メイド長」しか無いわけですし…どうやっても短区間に繰り返し出ることだってある。でもそれを読み返すと何度も出てくるからくどいんだよナ…(´・ω・`)

 日本語って難しいですねぇ…。




 まぁ、昨日まで「句点」と「読点」を逆に覚えていたことに気づかなかった私はそれ以前の問題なんですけどね(;^ω^)

 
>>続きを読む
小説 | Comments(2)
« Prev | HOME | Next »