2011/02/28

似てる…?

 Au殿からお借りした西尾維新の戯言シリーズ第2巻「クビシメロマンチスト」を読了しました。
 第1巻「クビキリサイクル」に比べると、慣れのせいもあるでしょうが、随分読みやすい文体になってましたね。クビキリの序盤のような「疲れる感じ」はありませんでした。

 内容の感想ですが、なんというか小ざっぱりまとまりすぎている感じがしました。ストーリーはきちんと出来上がっていて面白いのに、クビキリほどのパワーを感じないと言うか…引き込む力が少し弱った気がすると言うか。突飛なキャラが多いのにそれが目一杯暴れきっていないという感じが拭えません。
 …まぁ、二作目というのはそういう評価になりがちなのですが…。電撃文庫の「トリックスターズ」もそんな感じの評価になっていますし。
 個人的には零崎をもう少し物語に食い込ませてもよかったんじゃないかと思います。


 ところで。
 「トリックスターズ」の名を出してふと思ったんですが、このシリーズの作者である「久住四季」と戯言シリーズの作者である「西尾維新」。
 文体とか話の作り方、進め方、キャラの作り方が妙に似ている気がするんですよ。もちろん読み比べると全く別物なんですけれど、どことなく似ている気が。
 私が知る限り、どちらかがどちらかに影響を受けたという話はありませんし、強いて言うなら両者とも上遠野浩平と森博嗣の影響を受けていると公言している辺りに共通点があるだけなんですけど、なんとなく類似性を感じてしまいます。
 間違いなく私の気のせいなんでしょうけど。



 現在戯言シリーズの第3巻「クビツリハイスクール」を読んでる途中で、もうすぐ読了するといったところでしょうか。
 クビシメが分厚かっただけにクビツリの展開の早さについていけません(;´・ω・`)

 
小説 | Comments(0)
2011/02/27

上手くいかない(´・ω・`)

 回路図を持ち帰ってタイマー回路とLED点滅回路を組んでみました。
 ブレッドボードに慣れていないせいか、ジャンパー線の使い方が適当すぎてわけわからなくなったりとかしつつ。

 長いので後半へ。

 
>>続きを読む
電子工作 | Comments(0)
2011/02/25

魔まマって略すらしい

 そういえば今期放送中のアニメの感想を書いていなかった気がしたので書いておこうと思います。
 数えたら、週11本でした。

・インフィニットストラトス
 千冬姉がレヴィにしか聞こえない件(ry
 とにかくよく動くなぁ、という印象です。作画厨の私ですが素直に感心します。
 それにしても織斑くん、鈍感すぎだろ……(;^ω^)
 まぁ、夜月さんもおっしゃってますけど、ハーレム展開の作品は主人公が鈍感でなければならないという鉄則があるので仕方ないと思うんですが……うむむ。
 とりあえずシャルルかわいいよシャルル(*´д`)

・これはゾンビですか?
 なんとなく流れで見てる感じなんですが毎週出てくる脳内ユーのCVがどう変化するのかが楽しみだったりするので続けているという、なんとも不純な動機で見てます。
 というかユーかわいいよユー(*´д`)

・ストライクウィッチーズ2(再放送)
 再放送なので語ることは特に。
 エイラかわいいよエイラ(*´д`)

・GOSICK
 ヴィクトリカの声に文句をつけたし今なお納得していないけれど視聴は続けています。
 相変わらず展開が早すぎるし久城くんのキャラにも違和感が残ってる。
 なのに見てしまう。
 …悠木碧の魔力だナ…(´・ω・`)

・フラクタル
 展開とか作画とかがあまり好みじゃないのになぜか切れなかった作品。
 なんだろう、これは面白い!と思っているわけでもなく、つまらん!と思っているわけでもなく、しかし妙に惹きつけられる何かがある。
 なんなのだろう、この作品……

・フリージング
 ISと似たようなコンセプトなんだけど生徒同士の諍いしか描かれていなくて、正直何がしたいのかわからない作品だなぁ、と。やたらに血が流れるしフルボッコにするし服とか弾け飛ぶし、でもそこには私怨まがいの動機しかなくて、超人的な能力をケンカにしか使っていない。しかもそのケンカが陰湿でドロドロし過ぎ。
 なんとかいう「人類の敵」と戦うための能力じゃなかったの?
 …水曜深夜は他に見るものが無いから仕方なく見てるけど、これはどうしたものか…
 
・魔法少女まどかマギカ
 今期11本の中でもっとも次回が楽しみになる作です。
 蒼樹うめ先生のキャラでこんな重いテーマをやらかしているのにここまで人気が出るとは、さすがであるとスタッフに惜しみない拍手を贈りたい。
 QBのウザさは異常だけど、その考え方や物言いは好き。ローナに似たところがあるし。

・RioRainbowGate
 深く考えずにただボーっと見るには最適な作品。
 割と作画も内容も安定してますし。
 ただしそれ以上でも以下でもないです。

・レベルE
 「コードE」と勘違いして見始めたのは秘密(ry
 このテのギャグのノリは好きなので面白いと思います。

・とある魔術の禁書目録2
 相変わらず上条さんは厨二だなぁ…なんかホッとするわ( ^ω^)
 それにしてもインデックスの出番が少なすぎて泣ける。作品タイトルを背負ってるのに…

・夢喰いメリー
 1話で切るかどうかを悩んだけれどもうちょっと見てから決めよう、と思って結局見てます。
 結論から行くと、切らなくてよかった。面白いです。
 あと、5話だか6話だかのメリーが可愛すぎて萌え死ぬかと思った。あのはにかみ顔は反則だろ…



 前期に比べて視聴本数が減った(前期は17本!w)ので1本1本に集中して見ることができる…はずなんですけど、ボケーっと眺めてるだけの作品が多いのはなぜだろう。
 アニメに対する興味が薄れてきてるのかしら。


 私からアニメ取ったら何が残ると言うのか…(笑

 
アニメ・マンガ | Comments(0)
2011/02/24

思ったより小さい…

 …というのが第一印象でした。

DVC00218.jpg

 ブレッドボードの話です。電子回路工学の講義で使ったブレッドボードのサイズ(縦横20センチくらいあった)を想像していたので、今回秋月で買ったものがやけに小さく感じます。こんなものなのかなぁ…。

 それはともかく、先日秋月に注文しておいた電子部品が届きました。思ったより小さな箱で届いたので「全部入ってるのか、これ?」と思ったりしましたが、電子部品自体が小さいので必要十分な大きさだったと開封してから気づきました。…というかAmaz○nの箱が無駄にデカすぎるからそう思うんだろうなぁ…(;^ω^)
 とりあえずLED点滅回路とタイマー回路を組み立てられるだけの部品が揃っています。ポンバシで買ってきた抵抗や乾電池を含めて約3000円。はんだ付けで部品を組み立てる基盤やはんだ、基板用のジャンパー線やケースは買っていないので、またポンバシなり秋月電商なりにお世話になります。基盤の大きさは実際にどういうレイアウトで部品を配置するかで変わるので、ブレッドボードである程度のイメージを掴んでからの購入にしようと思ってます。

 さて、それではさっそくタイマー回路を……


 などというチャレンジャーではない(ヘタレとも言う)私ですので、まずはLEDを光らせてみようと。
 …まぁ、実際は回路図を自宅に持って帰ってくるのを忘れたので何もできなかったということなんですがw
 赤色LEDと一緒になぜか買ってしまったイルミネーションLEDの点灯試験をやってみました。
 試験と言っても大袈裟なことは何もなく、ブレッドボードにLEDと3V電源(単3電池2本)を接続するだけですが。
 イルミLEDのデータシートを見ると、3Vで使用するときは抵抗などは不必要で、5Vのときは100Ωの抵抗を直列につなぐようにするらしいです。ちなみにその抵抗はイルミLEDに同封されていました。
 で、接続ッ!

DVC00219.jpg

 おおっ! 光ったッ!(当たり前)
 最初は赤で、じわーっと色が変化していきます。結構眩しい。
 あと、透明な樹脂の中に赤、緑、青の独立した光源があるせいか、見る場所によってはそれらが独立して見える(赤と青が点灯していると光が混ざって紫に見えるはずだけど赤と青に分かれて見える)ことがあるので、それを解消するために白い帽子が付属しています。帽子をかぶせてやるとわりと綺麗に光が混じる(拡散する?)ので変な色の偏りが出ません。よく考えてあるなぁ…。

 続いて、普通の赤色LEDの点灯実験。
 電源を6Vにして、LEDと抵抗を直列につないでやります。LEDに2Vの電圧をかけ、10mAを流すので使う抵抗は計算上は400Ωですが買っていないので510Ωを使います。
 …………
 …………
 …510kΩしかないやん(´・ω・`;)
 510Ωを買うつもりだったのに間違って510kΩを買っちゃったらしい…orz
 イルミLED付属の100Ωだと抵抗値が小さすぎますので6VだとLEDが焼き切れちゃうらしく、仕方ないので手持ちの抵抗で一番低い1kΩを接続して実験しました。
 が。

 暗ッ! めっちゃ暗いしッ!

 やっぱり1kΩだと抵抗値が大きすぎるようです。携帯カメラだとLEDが暗すぎて上手く写りません。
 また抵抗を買いにいかないといけないのかぁ…


 ともかく、LED点灯実験自体は成功したのでよしとします。
 次はちゃんと回路図を持ち帰って点滅回路とタイマー回路を組んでやろうと思います。

 
>>続きを読む
電子工作 | Comments(0)
2011/02/23

同じ匂いがすると思ったんだけど

 昨晩、所用で従姉の家に行ったんですが、そこでちょっと衝撃的なことがありまして。
 従姉は現在おなかに子供を抱える身でありまして、私が行ったときは生まれてくる子供の名前を考えていたところだったようで。すでに女の子だということがわかっているらしく、通されたリビングのコタツの上にあった紙に候補の名前が20くらい書き散らしてありました。
「みなとも君はどれがいいと思う?」
 と聞かれたので候補を拝見しましたが、一見したところいわゆる「DQNネーム」というものが無くて、少なくとも私の感覚で「ねーよw」というものはありませんでした。
 よかった、ここのダンナは普通の人だ……と安堵しつつ一つずつ見ていくと、候補の最後の方に「奈々」とか「理恵」「ゆかり」とありましたが、ごく普通な名前ですし何かの偶然だろうと思いました。
 そう、偶然。ここのダンナはリア充でアニメには縁のない人だし。
 なんてことを思っていたら。


 候補の最後に「歩夕」って書いてあった…(;゚д゚)


みなとも 「……あの、これ、なんて読むんですか?」
従姉 「ああ、これはダンナが考えた名前で、『あゆ』って読むの」

 ただの偶然だというのか……?
 試しに「『あゆる』じゃないんですか?」とか「ムリダナ」とか「できないことをいくら頑張ったって仕方ないじゃないか……」とかを会話に挟んでダンナの反応を見ましたが無反応でした。完全な偶然でなければよほどの自制心が無い限り少しは動揺するところだと思うんですが、こうも完璧に無反応だとシロであると言わざるを得ません。

 しかし、こんな偶然ってあるんだろうか……(´・ω・`)

 
雑談 | Comments(2)
 | HOME | Next »