2014/01/29

時が過ぎれば変わる

 予約注文していた「GAー芸術科アートデザインクラスー (6) (まんがタイムKRコミックス)」が届きました。

 読み終えたところの感想は、やはり「体力のいる本」だなぁ、と。
 きゆづき先生の絵はシンプルに見えて結構細やかに描き込まれているので、わりと読むのに疲れます。
 もっとも、その疲れを帳消しにしてなお余る面白さなので問題ありません。

 6巻は主に体育祭と文化祭の話になっていて、その様子を描いてあります。
 個人的な感想からすると、ややネタに困ってきているんじゃないかなという印象でした。
 キャラの立ち位置や設定が安定してきている代わりに、最初の方の勢いやインパクトが薄れている感じ。
 これは長く続けていると仕方のないことですが、それをなんとかできる作者さんだと私は信じています。
 「黒キョージュ」みたいなお話が増えればなぁ、と勝手に期待してみたり。

 ということで、6巻を読み終えたばかりですが次巻が楽しみです。


 
>>続きを読む
アニメ・マンガ | Comments(0)
2014/01/28

訃報…

 声優の永井一郎さんが亡くなられたとのニュースを聞きました。
 もうビックリしましたよ。
 ううむ…正月にガンダムの劇場版を見た後なので、ショックも大きいです。


 ご冥福をお祈りします。

 
アニメ・マンガ | Comments(0)
2014/01/27

良い子はググらないように

 知り合いの人が今度結婚するらしく、相手の女性の写真を見せてもらったのですが、なかなかの美人でした。
 芸能人クラスのルックスで、誰かに似てるなーと思って、はっと気づきました。

私 「えーと、芸能人のあの人……そうそう、『板野有紀』に似てるよね」


 ……なんつーか、一瞬にしてその場の温度が氷点下になったのがわかりましたですよ。
 うっかり間違ったのは悪かったですけど、めっさ怒られました。



 でも、そんだけ怒るってことは、その知り合いもこの名前を知ってるってことであって……
 ……なんだろう、怒られ損な気がしてきた。

 
雑談 | Comments(0)
2014/01/23

メイドさんってのは…

 不特定多数の『客』に給仕するのは
 メイドじゃなくてウエイトレスだ!




 …と声高に叫びたくなるメイド談話を聞かされてちょっと立腹してる自分の器の小ささにヘコんでます。

 あいつらは何もわかってない。
 メイド喫茶のメイドさんはいわゆる「アキバメイド」であって「メイド」とは別物なんだ。
 メイドさんってのは一人の主人(もしくは家)に仕えるものなんだ。
 萌えとか絶対領域が最重要とか調教したいとか、メイドさんをバカにしてんのかと。
 メイドさんには敬意を払ってほしい。


 ……それ以上に、こんなことでキレてしまう自分がイヤだ(´・ω・`)
 他人の趣味趣向に文句付けるなんて私が嫌うものの一つなのに。
 ダメ人間になってるなぁ……

 
雑談 | Comments(0)
2014/01/20

行きつく先は

 お絵描きしていていつも思うのですが、私の絵って全然えろくないですよね。
 えろを描いてるわけじゃないのでそれで普通なんでしょうけど、なんというか魅力?みたいなのが足りてない気が常にしているのでありまして。
 突き詰めると、魅力というのはやはり「艶」だと思うんですよ。人間というのはいわゆる三大欲に突き動かされるわけで、それに魅かれるものだと思います。

 というわけで、もっと色気のある絵を描けるようになりたいなー、と。

 そう思いながらお絵描き資料を漁っていたら、「マンガの基礎デッサン セクシーキャラ編」なるものを発見。
 これは一度目を通してみたい。
 が、お高いですよね…このシリーズの本(´・ω・`;)
 このテの資料本は古書に流れづらいので古本屋にも無いし…
 …………
 …………
 うむ。
 独学サイコー!(殴

 
>>続きを読む
お絵描き | Comments(2)
 | HOME | Next »