2016/05/31

もう5月も終わりか

 「試しにやってみる資金なぞどこにもないぞ!」と言い聞かせながらレザークラフトの動画を眺めていたら、いつの間にか5月が終わろうとしていた。
 物欲と対峙し、そのたびに「フトコロの問題」という強力無比でありながら自刃効果の高い武器でボロボロになりつつ戦う日々は、とにもかくにも矢のように早く過ぎていくものである。
 この前はカイデックス加工だったか。
 さらにその前は小型水力発電だったか。
 まったくもって金がかかりそうなものにばかり湧く興味で困る。
 ともかく、今湧いている物欲や興味をしっかり抑え込んでから6月を迎えたいものだ。


 …ロトとかナンバーズが当たらないかなぁ…(また言ってるし

 
>>続きを読む
雑談 | Comments(0)
2016/05/21

それはさながら父親のような気分で…

 Au殿にカノジョができたそうで。
 思わず「GJ!」と言ってしまいました。

 羨ましいとか妬ましいとか思わなかったんですけれども……どうなんだろう。
 たぶん10年前なら「リア充爆発しろ」とか言ってたはずなんですけどねぇ。
 なぜか「カノジョができた? そうか、おとーさんは嬉しいよ…」的な気持ちになったわけで。


 まぁ、そんなことはどうでもよくて。
 ともかくAu殿にカノジョができないのは間違っていると思ってたんで、できて良かったです。
 とりあえずカノジョから嫁にクラスチェンジすることを祈ってます。

 ちなみにカノジョさんがどんな人かは知りません。
 詳しく訊いてませんし写真とかみせてもらってませんから…知らんがな(´・ω・`)ですよ。
 正直、会ってみたいと思わない(私、女性恐怖症で人見知りですから)ですし、私みたいなのと顔を合わせたらカノジョさんが不快だと思うんで…
 というか、数少ない友人のカノジョとか、どんな顔して会えばいいかわからんです。
 例えば、まったく殿が嫁をつれてきたりしたら全力で離脱しますよ。うん。
 だって知らないおんなのひととか怖いじゃあないですかァーッ!(重症


 そういうわけで、Au殿。お祝いにこの画像を送る。

 

 
>>続きを読む
雑談 | Comments(4)
2016/05/17

逃げた結果

hibiki_f.jpg

 最初はちゃんと5頭身くらいで描いてたんスよ。
 でもなんか大人っぽくなりすぎて響らしくない感じになっちゃったんでデフォルメキャラに逃げたんスよ。

 なんだろう……小っちゃい子をぷにかわいい感じで描くのって、めちゃくちゃ難しいのな…(´・ω・`)

 
お絵描き | Comments(0)
2016/05/16

メイリン 「うーん……」

クローディア 「? どうしたメイリン。夕食のメニューで悩み中か?」
メイリン 「あ、クローディアさん。いえ、メニューは決まっていて、お買い物も済んだんですけど……」
クローディア 「何か問題か?」
メイリン 「問題と言うほどでもないですけど、これがちょっと気になっていて」
クローディア 「……ああ、ひと口大に切ったジャガイモに衣をつけて揚げたものだな。スーパーで買ってきたのか?」
メイリン 「はい。主さんがこの芋フライがお好きだと言うので買ってみたんですけれど、どうもよろしくないんです」
クローディア 「というと?」
メイリン 「先ほどつまみ食い……じゃなくて試食してみたんですけど、揚げ足りないのか、中心が生っぽくてゴリゴリと硬いんですよ。これはさすがに主さんにお出しできないんで、自分で作ろうと思うんですけど……」
クローディア 「生のジャガイモをゴロリと塊のまま揚げると中まで熱が通りづらいからな」
メイリン 「かと言って、中に熱が通るまで揚げると表面が黒焦げになりますよね。どうすればいいんでしょう?」
クローディア 「ふむ、低温の油でじっくりという方法もあるが、一般的なのは下ゆでしてから揚げる方法だな」
メイリン 「ああ、なるほど」
クローディア 「ジャガイモが柔らかくなるまでゆでてから衣をつけて揚げればいい」
メイリン 「やってみます」

 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2016/05/13

案外気づかれないものなんだなと

 工房10周年記事から一週間が過ぎたわけですが、案外気づかれてないもんだなーと思ったりするわけで。
 記事後半のSSでヴィアーチェが「窓の外に人の気配が――」というセリフを口にしてるんですけど、そこに注意を向けた人は多分いないんじゃないだろうか、とか。

 …ま、わかりやすい誘導でもないし、ミステリから物書きを始めた身としては、キッチリ記述してるのにスルーされるというのはある意味オイシイ状況だと言わざるを得ないのです。タネ明かししたときに驚かれますからね。

 というわけで、ヴィアーチェの吹き出し無しバージョンを投下してみる。

 
>>続きを読む
お絵描き | Comments(0)
 | HOME | Next »