2016/01/24

経験値を積む

 経験値というのはやはり読んで字のごとく、いくら知識を蓄えてもダメで、実際に自分で体験してみないと増えないものなんだろうなあ、と思ったり。いや、まぁ、当たり前なんですけれども。
 大辞林でも、

大辞林 第三版の解説
けいけんち【経験値】

ロール-プレーイング-ゲームなどで,キャラクターの成長度を示す数値のこと。敵を倒すなどの経験を積むと数値が上がる。数値が上がると,その後のゲームを有利に進めることができる。 「 -が上がる」 「 -が高い」

転じて一般に,経験の度合い。


 というように解説されていますし、知識量は関係なく経験によるものである、と。

 で、とある技術を身につけたいと思っておるのですけれども、そのための練習ってのがなかなかできないのでありまして。身の回りにある分だけで練習してても、それらに特化しちゃうだけで汎用的な技術は身につかない。なので、数と種類をこなして経験値を蓄積しなきゃいかんのですが……本職でもないのに数をこなすのは難しい類の技術で。
 ううむ……何かいい練習方法はないものかなぁ……。


 ちなみにこのスキル、多分身に着けても将来的に役に立つ日は来ないと思います。
 でも好きなんですよね。人生において何の役にも立たないレベルアップってやつが。例えば、一生使わないであろう雑学を蓄えるというようなもの。無駄知識・無駄スキルに魅力を感じるのです。
 ……変なヤツだなぁ、私(笑

 
雑談 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示