2016/11/14

絵描きにはよくあることだと思うんだけど

 描いた絵に対して「なんか違うなー…」と思って修正するんだけど、どこが違うのかよくわからなくて修正すればするほど変になっていって、うわあああああああ!ってなったりしません?

 …しませんか。
 私だけなのかなー……。


 なんというか、頭の中にあるイメージをキチンとアウトプットできていないとそういうことになりやすいんですけれども。イメージのレベルが描く技量を超えてると余計に。特に私は目の描き方が90年代の絵柄なので、イメージしている2010年代の絵柄とのギャップが酷くてドツボにはまってしまうのです。
 思っているものと描いているものが違う。
 でもどこが違うのかわからない。
 わからないから修正方法の答えが見つからない。
 ホントにこの状態にはまりこんだら時間を浪費するだけでなくやる気もガリガリ削られていくから最悪ですよ。
 なにかいい解決方法ってないのかなー。技術レベル向上の練習をしまくる、以外で(オイ


 とりあえず、上手い人とか好きな絵描きさんの絵をたくさん見て学習するしかないか。
 …と思ったので、手持ちの画像で研究してみました。
 その結果――

 


034.jpg


 …当たり前ですよね。
 そう簡単に上手い人の技術を盗んで上手くなれるんなら誰も苦労しないですし。

 結局「見てるだけじゃなく考えて考えてたくさんたくさん描かないとダメ」という基本に立ち返るしかないのです。



 頑張ろう。

 
お絵描き | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示