2011/05/31

お勉強

 『TL499』を使った昇圧回路を調べていて、コイルに関する疑問がいくつか浮かびました。
 なので、さっそくググる。


 ……HAHAHA! さっぱりわかんねぇ!


 『TL499』のデータシートを見ると、使用するコイルは50μHになっています。
 けど、あちこちの部品屋の通販サイトを見ていても、50μHという数値のコイルは無いんですよねぇ。近似値で言えば、47μか68μ。
 さてここで疑問。

・この数値は変えちゃっても大丈夫なのか。
・変えたらどういう変化が起こるのか。

 この辺りを調べようと、電子工作だけでなく科学系のサイト等をウロウロしてみたところ、

 HAHAHA! やっぱりわかんねぇ!\(^o^)/

 コイルの定数を変えると、

・発生する電流・電圧の強さが変化する
・直列抵抗値が変化する

 というところはなんとかわかったんですけど、その変化が回路にどう影響するのかってところまで解説してくれる親切なサイトってのが見当たらないわけでして。まったく、十全ではありませんわ。みなさん韜晦しすぎ(違
 ぶっちゃけ、原理とか構造は「ふーん、そんな感じなのかー」くらいにそこそこわかればよくて、今知りたいのは
 『大は小を兼ねる』的な感じで、50μの代わりに68μを使っても問題ないのかどうか
 ってこと、ただその一点。
 コイルの定数が変わることで他のパーツの定数も変わってくるなら、なんとかして50μのコイルを探してくるしかない。だって定数の決め方とかわかんないし(殴

 コイルって謎な物体だなぁ……




 しかし……独学だとやっぱり限界があるよなぁ。いくらネットでなんでもググれると言っても、溢れかえる膨大な情報の宇宙から必要なデータ、求めている答えが引き出せないなら無意味でしかないし。ネットの普及で便利になったのは間違いないけれど、その分「情報を選別する能力」の習得・熟練ってのが過度に強要されている気がします。

 …と、インターネット普及初期に散々言われたことをドヤ顔で語ってみる。

 


 それと、ユニバーサル基板をケースに収納するとき、みんなどうやって固定してんだろ?
 小さい基板とかケースの高さがあまり取れないときってスペーサーとか使えないよね。
 やっぱりホットボンドとかなのかなー。

 
電子工作 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示