2011/10/17

ようせいさんのしわざか

 最近PCの動作が妙に遅いなぁと思うようになりました。
 FireFoxを開く時やUSBメモリを差し込んだときの認識にやたらに時間がかかるようになり、Webページにあるフラッシュなんかがコマ落ちするくらいまで遅くなっていました。
 その原因を考えてみましたところ、Win7の大量アップデートかFireFoxを7にしたのがどうもそれっぽいなー、と。時期的にそんな感じだったので、やっぱり火狐7は重いんだ……と思ってました。
 しかしまぁ、PCなんて使ってればアップデートなどで少しずつファイルが増えていくので動作が遅くなりがちですし、エントリークラスCPUを選んで組んだPCだから仕方ないのかなーと思うようにしていました。

 しかし、とあるフラッシュゲームをプレイしていて、あまりにもコマ落ちが酷くてさすがにガマンできねー! ということで。
 使用しているマザーボードに搭載されている「EPU」という、CPUの消費電力をコントロールできる機能を、普段から設定している「自動」(負荷の大きい作業の時だけCPUのクロック数を上げて、負荷が小さいときは省電力のためにクロック数を下げる)から「ハイパフォーマンス」(消費電力度外視で常に最大クロック数)に切り替えてやろうと思いまして、「省エネがなんぼのもんじゃあ!」とばかりにEPUのコントロールパネルを開きましたら。

 設定が 「最大省電力モード」 で固定されてたんですよ。

 これだと、どんだけ負荷の大きい作業をしようと、CPUの消費電力を下げるために半分以下のクロック数でしか動作しません。それじゃあ普通以下の作業しかできないわけで。
 こいつを「最大省電力」から「自動」にしてやると、急にサクサク動くようになりました。


 それにしても、EPUを「自動」から「最大省電力」に切り替えた覚えはないんだけどなー(´・ω・`)
 時々他の設定が保持されてなかったりすることもあるし…妖精さんの仕業なのかもしれません(殴

 


 そろそろ自宅用PCの倉庫用HDD(500GB)の残り容量がヤバくなってきたから、1TBのHDDが欲しい今日この頃。


 …そんなに何を保存してるんだって…?
 そりゃおめぇ、画像とか動画とか……(´,,・ω・,,`)



 か、勘違いしないでよね! お絵描き用の資料なんだからっ!

 
PC関連 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示