2012/01/26

寒すぎて腹が立ったのでプリン作る

 何事もやってみるべし。

 とどこかの偉い人が言ってた気がするのでプリンを作ってみました。
 ちなみに今までのゼラチンを使うタイプじゃなくて、普通の卵を使うタイプ。

DVC00365.jpg

:材料:
 牛乳    180cc
 卵     L寸 1個
 グラニュー糖  大さじ2杯

 カラメル無し。カラメルは作るときに弾けて火傷することもあるって聞いてビビってますので。作り方自体は簡単なんですけどね。
 あと、香りづけのバニラエッセンスが要るらしいですけど、無いので省略。だってアレ高いんだもの(殴


 ンじゃ、やってみっか(`・ω・´)b

 


 まずは牛乳に砂糖を溶かす。

DVC00366.jpg

 軽く火にかけて牛乳を温め、グラニュー糖が溶けるまで混ぜる。
 泡立て器は物置で発見しました。何年前のシロモノかわかりません(笑
 溶けるまで沸騰寸前までいきました。
 あまり温め過ぎるとよくないらしいですけど、砂糖が溶けないんだからしかたないじゃないか。
 ……まぁ、ある程度温めて火を止めて、余熱で溶かすという方法がベストなんでしょうけれど。
 ともかく、溶かせたら火を止めて冷まします。

DVC00367.jpg

 牛乳を冷ましている間に、水気を取り去ったボウルに卵を割り入れて、しっかり混ぜます。
 泡立てちゃダメ、とかレシピに書かれてましたけど、泡立つんだからしかたない(ry
 混ぜたらここに先ほどの牛乳を入れます。
 ただし、牛乳が熱いと溶き卵が固まってしまうので、牛乳をしっかり冷ましてから入れないといけません。
 ……まだ冷めてないなー……ということで10分ほどヒマができました(笑
 ここでカラメル作りをすれば無駄がないんでしょうね。多分。
 ちなみにカラメルは、グラニュー糖と水を大さじ2杯ずつ小鍋に入れて強火にかけ、水分が飛んできつね色になったら火を止めて熱湯を大さじ1杯入れる、となってました。この熱湯投入の時にパチパチと弾けるらしいです。

 冷ました牛乳を卵が入ったボウルに入れて、しっかり混ぜます。普通、バニラエッセンスはこの段階で入れるそうです。他にもお好みで洋酒や生クリームを入れるのもこの時点だとか。私は使いませんけど。

DVC00368.jpg

 泡立てちゃダメ、とかレシピに書かれてましたけど、泡立つんだからしかた(ry
 というか、「泡立て器」という泡を立てるのが仕事の道具を使っておいて泡立てるなっつーのが無茶な話やないか。
 しっかり混ざったら器に入れます。

DVC00369.jpg

 卵はカラザとか混ざり切らなかった白身があるので、ティーストレーナー(要するに「茶濾し」)で濾してやります。100均ショップで買ってきました。
 泡立っていてもこの作業で消泡できるので、混ぜ混ぜはしっかりやっちゃいましょう。
 器は湯煎蒸しするのでなるべく耐熱性のあるものが良いでしょう。薄いグラスや耐熱ではないプラスチックはあまりオススメできません。逆に厚い陶器などは蒸しに時間がかかるので、手頃なものをチョイスしましょう。

DVC00370.jpg

 プリン液を入れた器をフタができる大きめの鍋に置き、器が半分くらい浸かる高さまで水を入れて、フタをして強火にかけます。水を入れ過ぎると沸騰してボコボコと水面が泡立ったときに器に入っちゃうので注意。
 鍋の水が沸騰したら火を止めて、フタをしたまま冷めるまで放置します。余熱で中心まで固めるための工程となります。気候にもよりますけれど、1時間くらいでしょうかね。これを作ったときは相当寒かったので冷めるのが結構早かったですけど。
 ある程度冷めたら、固まっているかどうかを確認。器を軽く揺らしてみて表面がぷるぷるしていたら、串などを刺して、液体が流れ出てこないかを見ます。出てこなければ多分大丈夫。流れ出てくるようでしたら、また鍋にフタをして火にかけて水を沸騰させ、火を止めて放置、という先ほどの作業をもう一度。陶器の器を使うと熱が入りにくくて固まりにくいそうですが、私が使った器だと幸運にも一回でできました。

 中心まで固まったら、冷蔵庫で冷やします。

DVC00371.jpg

 一応、これで完成……ということで。
 あとは柔らかさと味がどうかという問題のみです。
 カラメルなし、バニラの香りづけなし、蒸し時間テキトー、というプリン作りの基本を無視しまくった工程で作るという暴挙に出てますからなー。

 試食。

 想像してた食感とは違いました。プッチンプリンみたいなぷよぷよじゃなくて、しっとりと滑らかな感じ。でもゼラチンの牛乳プリンのようにつるりとした感触ではないです。
 ……説明するのにちょうどいい似た食感のものが思いつかない…(;^ω^)
 バニラエッセンスを入れてないので香りは牛乳と卵の匂いですけど、さほど気になりません。むしろこの方が手作り感があっていいかも。
 甘さは控えめですが私の好みにジャストミートです。甘いのが好きな人は砂糖をもう少し足してもいいかも。それか、甘いホイップクリームや練乳などを乗せて食べるとか。
 カラメルがないのでコクや苦みの面で物足りない気もしますが、これに関して私は無くてもいいと思ってます。


 結論 : 初挑戦でしたが、わりとうまくできました


 材料に変わった物は使ってませんし、作業自体も大して難しいものはないので、ゼラチンを使うプリンに比べて「蒸す」工程のために時間はかかりますけど、お手軽でいいかもです。
 …カラメルは知りませんけど(殴
 どうしてもカラメルソースが欲しい人はググって簡単な作り方(鍋じゃなくて電子レンジでできるとの情報アリ)を探すか、市販の「カラメルチップ」なるものを使用してください。探せば見つかるはずです。


 では、以上でプリン作りのレポは終了です。
 ありがとうございました~





 ……次はカラメルも作ってみるかな。怖いけど。

 
クッキング? | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示