2012/02/15

ウォームアップ

 ずっと前から気になっていたことなんですけど、お絵描きの準備体操ってどうなのかなぁ、と。
 某イラスト講座では、絵を描く前に手と鉛筆(または筆やペン)を馴染ませるため、準備体操をするように勧められます。
 …と、準備体操と言ってもスポーツのアップのような全身をほぐす運動ではなくて、単純な図形や線をいくつも描いて手を慣れさせる作業を言います。
 で、これの有用性というものに些かの疑問がありまして。

 まず初めに、「手が慣れる≒お絵描きモードに入る」という状態があることは実感しています。
 例えば下書きを済ませて清書する段階まで進めた作業があるとして、日を改めて作業を始めようとするとき、作業開始直後と数分作業した後では「描けている感」が違います。うーん…何と言いますか、思っている線が引きやすくなっていると表現すればいいのかな。ともかく、描き直しがぐっと減ります。
 準備体操は、作業開始からモードに入った状態にするためのものだということです。そうすれば絵のクオリティが前半と後半で格段に違ったりしないのだそうで。確かにそうするといいのかもです。

 が。
 上手い人はともかく、私のようなモードに入ってようがなかろうが、迷い線だらけ描き直しだらけな技術状態ですと、準備体操で単純な線やら図形を描くヒマがあったらさっさと作業に入った方が時間の無駄が無いんじゃないかなと思うわけですよ。
 いやいや、そうじゃなくて上手くなくても準備体操は必要ですよ~、と言われるのでしょうか。


 多分、お絵描きの頻度にもよるんでしょうけれど。毎日何時間も描いている人は準備体操はあまり必要ないのかもですね。
 気が乗らないと何日も描かない私なんぞは準備体操の有用性に実感が湧かないのであります。

 
お絵描き | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示