2012/05/31

常温

 この間買った無塩バターを早めに使おうと、クッキーを焼いてみることにしました。
 その作業工程に「バターを常温に戻す」というものがありまして、要するに冷蔵庫から取り出してしばらく放置しておきなさいということです。そうしておかないとバターが硬くて砂糖と混ぜるのが困難なのだそうで、室温に戻してクリーム状に練り練りできる柔らかさにするのが目的です。
 なるほど、わかった。
 とバターを冷蔵庫から出し、放置すること3時間。日中の平均気温が25℃くらい、5月の晴れた日の18時~21時くらいです。その程度では泡立て器で混ぜる(というか練る)ことができる状態には程遠く。
 バターって結構柔らかくなりにくいんですねぇ…。いや、まぁ、冷蔵庫のチルドルームに入ってたから時間はかかるだろうなとは予想してましたけど。
 それでも混ぜてるうちに柔らかくなるだろう……なんて甘い考えで、少々硬いままで練り始めたわけですが、これがまた大変で。泡立て器の網目の中に入り込んだバターがそこに溜まっていくんですよ。クリーム状にまで柔らかくなっていたらトントンとボウルの縁で泡立て器を叩いたら落とせるんですが、硬いとそうはいかなくて。
 ぬるま湯で溶かしてやろうかと何度思ったことやら。
 けれど下手に溶かし過ぎたらダメですし、根気よくバターを練りましたですよ。2時間くらいかかった(´・ω・`)

 2時間かけてやっとクリーム状になったバターに砂糖を入れて、白っぽくなるまでひたすら練って。
 卵の黄身を入れてさらに練って。
 薄力粉を入れて、こねこねして。
 生地ができたら冷蔵庫で寝かせて。
 寝かせたら型抜きして、オーブンで焼きます。

 …ウチの電子レンジ付属のオーブン、火力が弱いのか焼き目が付かない…(´・ω・`)

 でも、一応サクサククッキーができたので良しとします。
 味は、意外にも市販のものよりバターの風味が濃くて美味しいのですよ。レシピでは有塩バターを使用していましたが、同量の無塩バターでも大丈夫でした。
 そう言えば「とらドラ!」で高須くんが言ってましたね。
「焼き菓子は自分で作る方がたいていは美味しくできる」
 なんとなく、わかる気がします。


 このクッキー作りでの反省点は、

・バターはしっかり室温に戻してから作業開始すべきだった
・焼き目が付かなかった。トースターで焼けばよかった
・作業写真を撮るの忘れた

 という3点ですかね。
 お菓子作りの基本と言われるクッキーですけど、結構コツやら定石があって大変でありました。

 


 レシピはクックパッドのこちらを参考にしました。

 http://cookpad.com/recipe/1322814

 
クッキング? | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示