2013/01/16

あの偉いお坊さんはそうだろうけど

 お絵描きしてると、上手く線が引けなくて何度も描き直したりすることがよくあります。
 そういう時、ペンタブが高性能だったらもうちょっとマシな線が引けるのかなぁと思います。
 「弘法筆を選ばず」と言われそうですけれど、あのお方は達人だからこそ道具にこだわらずに書けるわけで。それにこのことわざは、どんな道具を使っていても上手く書けるように精進することが大切である、という意味があるとかないとかで、私のようなヘタレは道具に頼らないと上手く描けないのであります。

 今使用しているペンタブ「FAVOコミックパック」は筆圧感知レベルが512で、いわゆる「線の入り」がどうにも上手く描けないのです。それを目立たなくするにはブラシを細くして描くしかなく、そうすると線に強弱が付けづらい。ブラシ設定での調節も限界があるし……

 描けないのを道具のせいにするのは良くないことですけど、道具が良ければもうちょっと上手く描けるんじゃないかなぁと思わずにはいられません。


 というわけで、ここ4年ほど言い続けてる気がしなくもないですが、ペンタブ買い替えたいなぁ、とか。
 …なんかワコムさんがマイナーチェンジを繰り返すから値下がりしないんだよにゃー。

 とりあえずバイトしよう。うん。

 
お絵描き | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 片足で乗っても | HOME |  »