2013/02/22

加減が大事

 先日スーパーでバンホーテンのピュアココアが安かった(バレンタインフェアの在庫一掃っぽい)ので買ってまいりまして、ひさびさにココアプリンなどを作ってみました。
 私の作り方ですとゼラチンは2.5gしか使わないので、5g包の粉ゼラチンを使うと半分余ってしまいます。なので、その余りで紅茶ゼリーでも作ってやろうと思いました。
 鍋にお湯を沸かし、グラニュー糖を入れて溶かし、ティーバッグの紅茶を煮だして火を止め、ゼラチンを入れるという工程。そこから粗熱を取って容器に移し、冷蔵庫で冷やし固めれば完成となります。

 で。
 水道水の匂いを飛ばすために沸騰させるので、蒸発して減る分を考慮して若干多めの水で紅茶を作ったんですよ。もちろん分量とかはいい加減な感じで。それで、テキトーに紅茶を作ってゼラチンを入れて、冷蔵庫で冷やしてみたところ……

 ほとんど固まりませんでした(´・ω・`;)

 ぷるぷるで溶けるような舌触り!
 と言えば聞こえはいいですが、何のことは無い、ただのどろどろした紅茶でしかなく。
 『10秒チャージ』でお馴染みのウィダーインゼリーより柔らかいので、スプーンでは掬えずにズルズルと飲むしかないのでありまして。
 あんな不味いゼリーは初めてです。


 やっぱりゼラチンと液体の量のバランスはちゃんとしないとダメですねぇ……

 
クッキング? | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示