2013/03/05

こう、ガッと狙った線をサッと引いてババーンと描きたい

 冬の最中には唇が乾燥して割れやすいのでリップクリームを塗ったりするわけですが、この頃乾燥具合がマシになってきたので放置していたら、さきほどやってきた客との第一声で華麗に唇が割れて派手めに出血し、血を吐いたみたいに口の端から少し流れて大変でした。
 ケアって大事です。はい。


 それはさておき。

 ペン入れに迷いがあります。
 …といきなり言われてもワケわからんですね。
 私はデジ絵のペン入れ(線画の清書)の時は、少し濃度を下げたブラシでラフの線を何度もなぞるようにして描いていきます。わりとこういうやり方をしている人は多いようで、有名なところですと『ひだまりスケッチ』でお馴染みの蒼樹うめ先生がそうなのだとか。やはりプロと同じやり方をしてるからこれで正しいんだ!と言えればいいのですけれど、もちろんプロの技術に遥か遠く及ばない私の線はかなり汚いのでありまして。
 拡大してチマチマと線を描くせいか、描き終わった後にキャンバス全体を見ると、線がよろよろと蛇行してることがすごく多いわけで。拡大率を下げるとある程度全体が見えるので少しは蛇行がマシになりますけれど、描き重ねるときにわずかな手のブレで線が太くなりすぎたり二重になったりするという弱点もあり、どうしても拡大率は一定以下にできないという状態で。
 ううむ。ペンタブを大きくしたら解決するのかしら。とか。

 一番の解決策は、狙った線を一撃必殺で引けるようになること、でしょう。そうしたら描き重ね方式のペン入れじゃなくても、100%濃度のブラシでズバババーンと描けるはず。
 ということは、結局のところ「技術力アップ!」以外に無い、と。
 ……頑張ろう。
 とりあえず冬花さんの髪をキレイに描けるようになるところから。
 この人の髪ってめちゃ長いから、綺麗で緩やかな長い線を描けないと話にならないし。
 長い髪の女の子は大好きだが綺麗に描くには難しすぎる……(´・ω・`)
 そう考えると、長い線もバシッと綺麗に描けちゃう冬花さんの親の技術力は凄いんだと感心しちゃう。
 見習わないとなー。

 
雑談 | Comments(2)
Comment
みなともさん、こんにちは。
夜月です。

確かに、自分は始点から終点まで線を一気につなげて描きますね。
この描き方でメリットだなぁ。と思っているのは、『やり直し(Ctrl+z)』で戻せるところです。
そうすると、消しゴムツールはほとんど使わなくて良くなるんで。なので、リトライが楽でいいなぁ、と。

で、どうしてこんな描き方になったか?というタネ明かしなのですが。
以前使っていたOpenCanvasというツールが原因でして。
まぁ、なんというかこのソフトの消しゴムツールが使えなかったわけですよ。
濃度100%の消しゴムで消しても、線の跡のようなものが残るんです(笑)
なので、失敗したら戻すのには『やり直し』もしくは『範囲指定で消去』、でやってました。
そんな感じで身に付けた技術なのですよ。チャンチャン。

後、自分も狙った線を一発で引ける、一撃必殺。というわけではなくて、やり直しは多用しています。
特に髪の毛とかはやっぱり難しいので。何度もリトライしていますね(笑)
なので、『やり直し(Ctrl+z)』のコマンドはタブペン自身についているクリックするボタンに登録しています。
良く押すので。
ただ、1クリックで戻せる分、そちらの描き方よりも楽かもしれませんね。

で、思いますに、絵の描き方って人それぞれなのかなーって。
おそらく今のやり方がその人にとって一番やりやすいからそうなった結果だと思うんですよね。
でも、向上心って大切なので、新しい描き方にチャレンジするのも良いと思います。

で、とある漫画で仕入れた知識ですが、きれいな線を引きたいのなら、ゆーーーっくりと描くといいという情報がありまして。
自分みたいに始点から終点まで一気に描くような描き方の場合は有効かな?と思い結構実践してたりします。
(ちなみに、どれぐらいゆっくりなのかは分からないのですが自分は秒速2~3ミリぐらい?)
他には、目線は常に終点を意識する。とかですかね。
◎ 夜月さん

>なので、リトライが楽でいいなぁ、と。
線の途中までいい感じで最後だけミスった!というときも全部やり直しになりますよね。それで何度描いてもさっきのいい感じの線が描けなかったりして…
私はそれが嫌でチマチマ描きになりました(笑

>タブペン自身についているクリックするボタンに登録
私は消しゴムを多用するのでペン先側が消しゴム、もう一方をキャンバス回転に当ててますね。ペンの逆先は持ち替えが面倒なので使ってません。アンドゥはキーボードに左手を置いてるので直接Ctrl+z押してます。
私のペンの握り方が変なのか、よくスイッチを押しちゃうのでCtrl+zを割り当てると泣きを見るのです(;^ω^)

>ゆーーーっくりと描くといいという情報
手がぷるぷるしちゃう…!(笑
しかしゆっくりでブレずに均一な線が引くには結構な技術が要るんじゃないかな、と想像がつきます。身に着けたい技術ですね。

>目線は常に終点を意識する
それは私もよく聞きますよ。終点を意識してそこへたどり着かせるようにすると、案外ふらふらせずに引けるとか。
…私の描き方だと終点が見えないので実践しづらいのですけれど…(笑
一発引きのときは意識するようにしたいです。


こうやって他の絵描きさんの話を聞けるのは貴重だなぁ、とつくづく思えるお話をありがとうございました。

管理者のみに表示