2013/03/13

もはや他所の子

 工房を舞台にした短編小説のネタを思いついたので、少し前から書き始めたりしてるんですけれど、終わる気配が無かったりするので困ってたりとか。短編? なにそれ美味しいの? という感じで。
 やはり思いつきのネタで書き始めるのは危険だなぁ、と(汗

 工房を舞台にした小説を書いてると痛感するんですけど、ヴィアーチェってすごく扱いづらい。暴走する工房主と工房メイドを瞬時に止めてしまう強力なブレーキ役であり、秩序と平穏の象徴として設定されているせいか、物語に登場させるとドタバタな展開のアクシデントを何も起こせなくなるんですよ。それでは物語が面白くならないわけで、こういう場合に真面目で堅物なヴィアーチェは扱いづらくて困ります。
 せいぜい、物語の最後にドタバタを起こした工房メイドや工房主をシメるオチでしか登場させられない。
 …我が愛する嫁が煙たがられる存在になろうとは……くやしいです!(`;ω;´)

 というわけで、主に工房メイドのアクションを描いている今回の短編にヴィアーチェは登場しません。



 それはそうと、物語を考えているときは脳内で工房メイドたちが動き回っているんですけど、その姿が私が描くヴィジュアルではなくて夜月さんの絵になってるというのがなんとも奇妙。
 考えてみれば、ここ最近描いた四季娘さんの参考資料にと夜月さんの絵(工房メイドのイラスト含む)を何度も見ていたし、対して全ッ然自分ちのメイド服を描いてないから仕方ないかなぁと思わなくもないんですけれど。
 なんだろう、他所の子みたいな感じになってる気がするんだ……

 
雑談 | Comments(2)
Comment
@みなともさん、こんにちは。
夜月です。

>強力なブレーキ役
そういう意味ですと、なんだかんだいってウチの4人娘さんらは最終的には4人とも『進む』を選ぶ感じですね。

>夜月さんの絵になってる
それは良くないですね。
みなともさん家のメイドさん等は、ウチのキャラにはない魅力がある感じがしていて。
描くの楽しいし自分にとっては描きにくい部分があったりと勉強になる、とかで調子にのって描きすぎている感じが。
自分としても、あまり人のオリキャラを描くのは良くないんだろうなぁ。とは思ってはいるので、
普段から意識して、工房メイドを描くのは抑え気味にしているつもりなのですが。
やっぱり、四コマの舞台と構成をミスしたなぁ。という感じです。反省。
早くキリつけないといけませんね。

それにしても、自分も感覚が麻痺してきたといいますか。
これだけ特徴があるキャラクター達ですと、本当に実在する何かの商業作品のキャラクターなんじゃないかと思えてくるのであります。
◎ 夜月さん

ウチの子たちを描いてもらえるのは嬉しいことですし、遠慮なしにどんどん描いていただければ私としても「それだけキャラが確立しているんだな」と思えるのでありがたいことですよ。自粛とかは必要ないです。夜月さんが描くことで私が見落としていた部分を発見したりすることも少なからずありますし、キャラを育てるという意味では助力をありがとうございますという感じですよ。
悪いのは描くのをサボってる私の方で。
この頃ボケーっとして工房メイドのことをあまり考えなくなって、それでイメージがぼやけてきてるだけですから、お気になさらず。

>最終的には4人とも『進む』を選ぶ
春菜さんが提案、秋絵さんが判断、冬花さんが決断、夏海さんが先導、というような構図が私の中にあります。
そういうふうに想像できるから動かしやすいですよ、四季娘さんたちは。彼女らで物語を書こうと思うと、工房メイドよりも自由度が高いのでやりやすいです。

>本当に実在する何かの商業作品のキャラクターなんじゃないかと
言い過ぎですよw
でもそうすると、一番人気はアレッサかメイリンか……私、気になります!(笑

管理者のみに表示