2013/06/08

シノビの娘とカタナの娘

 特にすることが無いので、この頃は暇な時間を使って小説書いたりお絵描きしたりしています。
 実技試験のための道具&テキストが手に入らないから時間が余るのですよ。HAHAHA!

 それはさておき。
 久しぶりに四季娘の元気っ娘こと夏海さんを描いてみたりしているのですが、まぁなんというか、相変わらず描くのが難しい人です。
 私の手癖なんでしょうかね、気が付くと二十歳過ぎくらいに見えちゃう。相当気をつけていないと幼い感じが消えてしまって、なっちゃんらしさが無くなって「……誰?」状態ですよ。
 親御さんの絵柄を参考にして描いてるのに、どうしてここまで似てくれないのか。正直わからんとです。

 …まぁ、とりあえず似てなくても「これはなっちゃんですから」と強弁して乗り切る方向で(殴



 それにしても、梅雨なのに雨が降らないにゃー。
 東海地方ではゲリラ的な豪雨が降ったりしているらしいですけど、ウチの近所ではまったくで。
 梅雨時期っぽい絵を描いてるのに実感わかないので困ります。

 


 そう言えば、春菜さんの肩書(二つ名?)ってなんだろう。
 剣士? 侍?
 日本刀だから剣士というとイメージがズレるし、侍というにもなんだか違う。そもそも剣士や侍というとストイックな感じがするから、ぽややんとした春菜さんのタイプとは違うし。それらはウチのディアのイメージだわ。
 うむぅ、どう呼べばいいんだろう。




 ……というか、春菜さんが刀を抜いてるところを見たことが無ェ……(´・ω・`)
 なんだろう、刀を抜かせたら世界が終わる的な設定とかあるんだろうか。

 
お絵描き | Comments(2)
Comment
みなともさん、こんにちは。
夜月です。

>幼い感じ
幼い感じを出すのって結構難しいですよね…。
健康美というのでしょうか。

>春菜さんの肩書(二つ名?)ってなんだろう。
あまり深く考えていませんでした。
侍というと、男っぽい気がしますので、自分的には剣士のつもりでした。
あと、刃の付くものならならなんでも使える感じの天才系な。
今の春菜さんにはマッチしないですね(わははー。

まぁ、実際は両刃より片刃(日本刀)なので、そう言われると侍に近いのかもしれません。
ちなみに、後々変わるかもしれませんが、春菜さんちは古くからの剣術の流派のお家でして。
家に私有の剣道場がある割とお嬢様的な家の娘さん。
愛刀は春菜の為に古いなじみの刀鍛冶が打った一刀で「菊一文字」をもじった「桜一文字」とか言ったりします。

んで、結局肩書きってなんだよ?というと。
答え:あえて言うなら剣術家、でしょうか。

>ウチのディア
VS春菜がみたいですね。

>刀を抜かせたら世界が終わる的な設定とかあるんだろうか。
色々考えたんですけどね、ベタなのを。
剣抜いたら性格が変わるとか。剣によって性格が変わるとか、前の持ち主の魂が宿るとか。刀が意思を持ってて話すとか。
まぁ、あれですよ。今はタダノフツウノカワイイオンナノコデスヨ。
◎ 夜月さん

>幼い感じを出すのって結構難しい
理屈の上では、
・頭を大きくする(頭身を下げる)
・目を大きめに描く
・ぷにっと描く
の三点である程度表現できるんですけど、それができれば苦労しないというか(笑

>割とお嬢様的な家の娘さん
困っている人を助けるのは当たり前とサラッと言えるところがその由来ですね。イメージ通りです。

>あえて言うなら剣術家
なるほど、そう来ましたか……確かにそれがぴったりですね。

>VS春菜
何度か漫画風に描こうとして挫折してます(笑
剣のアクションって難しいですし、何より剣を抜いた春にゃんを見たことが無いので(責任転嫁

>今はタダノフツウノカワイイオンナノコデスヨ
普通の可愛い女の子は日本刀を持ち歩いたりしません!
だがそれがいい!(笑

管理者のみに表示