2013/07/24

工房犬のお話

 あまり知られていないことですが、工房では犬を一匹飼っています。
 名前は「五六八」、ごろはちと読みます。命名はクローディアです。
 茶色の柴犬で、メイリンがココアケーキと間違って拾ってきました。
 主にローナとメイリンが世話していて、朝夕の散歩はメイリンが担当しています。
 アレッサやディアの殺気というか気配を怖がってこの二人には近寄りません。
 メイリンが休みの日は工房主が散歩させていますが、あまりなついていません。
 飼い主に似たのか、散歩と食事以外はずっと工房の庭に作られた犬小屋で寝ていて、来客があっても一切吠えないので番犬になりません。
 かと言って愛想を振りまくわけでもないので、頭を撫でてもらったりもしません。
 工房建物内にはヴィアーチェが怒るので入れてもらえません。
 でも五六八を一番可愛がっているのはヴィアーチェです。
 ヴィアーチェ本人は他にそうと知られないようにしていますがバレバレです。すごく可愛いです。
 一度鎖を外して逃げたことがありますが、翌日には小屋に帰ってきて寝ていました。
 よく庭に穴を掘ってクローディアに怒られます。埋められてもまた掘るのでやっぱり怒られます。
 たまにローナから鎖がギリギリ届かないところにおやつを置かれるいやがらせを受けています。
 毛並が良くてもふもふしています。
 年一回の注射の時はすぐに諦めた顔で接種を受けます。
 なんだかんだで工房暮らしは気に入っているようです。

 


 それはそうと、ウチで飼っている犬の小屋の屋根にキクラゲみたいなのが生えてるんだが、これはいったいなんなのだろう…?(;´・ω・`)

DVC00109.jpg


 暑い日が続くと小さくしぼんで、雨が降るとこんな感じになってるんだけど…
 本物のキクラゲなのか?
 だとしたら、なんでこんなところに生えることになったのだろうか。
 謎すぎる…

 
雑談 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示