2014/06/29

資料が少ない

 ベレッタM92FSには「ローディングインジケーター」という、チャンバー内にカートが入っているかどうかを示す目印があるそうで、米軍に採用される際にそのインジケーターが必須だったという話で。
 もちろんエアガンにはそんなものがついているはずもなく、いったいドコにどんな風についているんだろうといろいろ調べてみました。

 見付けた資料によりますと、エキストラクターに赤いマークが出るとか。
 エキストラクターというのは、発射後に空薬莢を引っ掛けてチャンバー(バレル?)から引っこ抜いて排莢するための装置だというのが簡潔な説明ですかね。
 そこにマークが出る、と。
 でも実際に実銃を見てみないとどんな感じかわかんないですよね。

 あと、動画を見ていると、リヤサイトの少し前辺りに突起が出たり入ったりしてるの。
 あれ、なんなのだろうか……
 ちなみにこの動画の1:00辺り。


 なんだかんだで銃社会じゃない日本だと、こういう細かいトコロの資料ってないんですよねぇ。
 英語が読めれば海外サイトで資料集めできるんだけど……
 語学力って大事です。

 
エアガン | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示