2014/07/25

無頓着というかなんというか

 先日父の知り合いの人(自営業者)の事務所について行ったんですが、そこには1台のデスクトップパソコンが置いてありました。そしてそのPCが凄まじい轟音を立てているのです。エアコンよりも大きな音で。
 近づいてみると、どうやらケースファンとCPUファンが全開で回っているようで、これが轟音の正体だとわかりました。それにしてもすさまじい音だ……と私は思いました。画面を見る限りアイドリング状態で、部屋にはエアコンがかかっていて快適な温度なので、CPUに負荷がかかっているわけでもなさそうなのに。
 そうしてそのPCを眺めていると、所有者から「1か月前くらいからそんな音がするようになった」と言われ、ひょっとしたらと思って許可を戴いてサイドパネルを開けたら……

 腐海が広がっていました (;^ω^)

 見たことの無いレベルでホコリが詰まってましたよ。
 特にCPUクーラーのフィン部分。ホコリで埋もれて「風通し?何それ?」という感じでした。そりゃ冷えないからファンも全開で回るわ、と。電源の空気吸い込み口もホコリの膜ができてました。
 むしろなんで熱暴走してブッ壊れなかったんだろうかと不思議に思うレベル。

 とりあえず、ホコリをエアダスターなどで飛ばし、マザーボードに触れないように掃除機でを吸い取り、フィンやメッシュに貼りついているものを除去したほうがいいですよ、とアドバイスして帰ってきました。


 しかし、ファン全開で爆音になっても何とも思わなかったんでしょうかね?
 普通に使っているとそういうところは気にしないものなんでしょうか。

 イナカだとPCに詳しい人はあまりいませんし、PC(デスクトップ限定)の掃除屋なんてものを始めたら案外いい小遣い稼ぎになるんじゃないかなぁ、とか。
 いや、やりませんけどね。サポートとか頼まれるようになったら最悪ですし。

 
PC関連 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示