2015/01/06

ななくさ

 七草粥はおせち料理で疲れた胃を労わるために食べる…と私は教えられましたが、七草粥の本当の意味や風習の始まりなどは不明なんだそうで。
 それはともかく七草粥は青臭いから嫌いだと言う人も多いそうですが、私はけっこう好きです。

 しかし、正月で疲れた胃を――と言われても、我が家のおせちは昔ながらのもので、肉気がありません。黒豆、レンコン、こんにゃく、ゴボウ、ゴマメ、クワイ、カマボコ、昆布巻き……といったものがメイン。魚はタイと数の子だけですかね。
 そういったものを三が日ずっと食べて過ごすわけで、それで胃が疲れるなんて思ったことも無いのです。どちらかと言えば4日以降に食べる食事のほうが重いくらいで。
 なので、おせちで疲れた胃を七草粥でリフレッシュ、とか言われても実感がないのでありまして。


 そんなことを考えつつ、七草粥を楽しみに夕飯を待つのでありました。



 ……って、今日はまだ6日じゃん! 明日書くべき記事だった…ッ!(;^ω^)

 
雑談 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« つなげる | HOME | 恒例 »