2015/11/01

結局は「人」なんだよナ

 もう11月!? 早い、早いよ!(何度目だこのネタ
 というわけで、今年も残すところあと二か月です。もうヤダー('A`)


 無駄に時間を過ごしてきて気が付いたらもう30歳と数十か月が経ったわけですが、この歳になって超今更ながら
「この世界って結局『人』がすべてだよなー」
 とか思ったりしました。
 この場合の「人」は、「人脈」とか「コネ」とかを指してます。
 一応私んちは父が自衛業してまして……って何だよ自衛って。武器てんこ盛りな仕事みたいじゃないか。面白そうではあるけれども物騒この上なしですな。
 さておき。自営業をしておりまして、その客層ってのがほぼ父や母、その兄弟姉妹の知り合いとかそういう人たちなんですね。おおざっぱに言えば「知り合い」ばかりなんですよ。そういった客ばかりでウチはやっているわけです。
 しかしながら、昨今の不景気やお客の高齢化などで、料金の安い方へ流れたり亡くなられたりという理由でどんどん減ってまして、このままじゃどうにもならんのが目に見えておるのです。
 それじゃイカンということで、なんとか新規客を獲得しようと思ったりもするのですが、私には父母のような「人脈」がないもんですから、新規開拓できるアテが全く無いわけですよ。HAHAHA。いや笑いごとやないんですけども。
 同級生から切り崩していくというのは常套手段ですけれど、学生時代はわりとステルス生活してたんで私のことを知っている(というか覚えている)人はいないでしょうし……これはどうしたものかと。そもそも同級生の何人がまだ地元にいるのやら。消息をある程度知っているのなんて、家業を継いだとされる数人と今も工房に遊びに来てくださるまったく殿くらいですよ。中学、高校の同級生なんてどこで何しているやら。
 これじゃあ新規は難しいと言わざるを得ないですね。HAHAHA。

 んで、もし父が引退して客がさらに減っちゃったりして立ちいかなくなった場合、他所へ働きにでることになるんでしょうけれども、そうすると私もその頃には40過ぎのオッサンの身ですから、普通に就活したってダメです。となると、やはり知り合いなどの伝手で潜り込まなきゃいけないってことなんですけど……その「知り合い」がいないから詰んでいるというか。
 独立して何か始めるにも、資金やらなにやらで誰かを頼らなければならない。


 そう考えると、結局のところ何をするにも『人』が重要なんだなぁ、と思い知らされるわけで。
 まぁ、いろんなことから逃げて楽してきたツケが当たり前のように来たってだけのハナシなんですが。そういう生き方してきた自分が全部悪いんだから仕方ない。切羽詰っても誰にも助けてもらえないから、そのまま終わるだけ。そうやって虚勢張って達観した風にしてなきゃ正気でいられないスよ。HAHAHA。
 人脈を育ててこなかったら人生は簡単に詰む。学歴だの資格だの技術だの、そんなもんは『人脈』『コネ』の前には無力なんじゃねーか? とか思っちゃう初冬でありましたとさ。


 こんな暗い話するつもりじゃなかったんだけどな……
「人脈って大事だぜ!」って話をしようとしてただけなんだけど。
 ……はぁ……なんかもう、どーでもいいや……\(^o^)/

 
雑談 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示