2017/09/03

工房小説 『思い込んだら百里の道を』 前編

 メイリンって真面目な恋愛モノのキャラじゃないから、どう足掻いてもコメディにしかならないのが困り物。
 天然キャラに恋させるのって難しいよね(言い訳

メイリン 「私だって真面目に恋くらいしますよぅ」

 あっ、やめてそういうこと言うと怒り狂ったトリガーハッピーがやってk…
 ;y=ー    ( ゚д゚)・∵. ターン



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/09/01

題名の重要さ

 メイリンが逃避行する小説が一応書きあがったんだけど、題名が決まらなくて困ってる。
 なんかこう、内容のショボさを補える良い題名はないものだろうか。


 …いや、内容で勝負しろよって話はなしでお願いします。

 
小説 | Comments(0)
2017/05/29

…の長いトンネルを抜けるとそこは…

 メイリンと工房主が会話するシーンがあまりにもシックリ来なくて、書いては消し書いては消しを繰り返しているうちに一週間が過ぎていた。よっしゃ、この方向で行こう! と結構良さげなアイデアが浮かんで書いても、なんか違うというかピタッとまとまらなくて書き直して、ってやってたら……なんなんだこのドツボ。
 ともかく早くこのシーンを終わらせたくて、適当に書いて強引に次へ進行させたんですけども。
 読み返したら支離滅裂なんだろうなぁ……修正作業が待ってると思うとゾッとしますわ。


 しかし、ここまでまとまらないのは久しぶりかもしれない。
 書きたい内容と方向性が決まっているのに文章にならないって、いつ以来だろうか。思い出せる限りでは、電撃文庫大賞に応募した作品を書いてたとき(工房を始める前だから十数年前か)だと思うんだけども。
 ……あー、そういや大賞に二回も応募してたんだよなー。私。
 青いなー。無謀だなー。布団にアタマ突っ込んで両足バタバタしたい気分だ。
 いや、それはさておき。

 とりあえず問題のシーンを先送りできたんで、しばらくはそこそこ書けそうです。とか。

 
小説 | Comments(0)
2017/05/21

工房小説 『美鈴開花』 後編

 クライマックスぶった切りな感じになってなくもない気がするんだけども、ハッキリ書くよりも含みを持たせた方がいいかなぁと思った結果のものですので、ご了承ください。
 決してキッチリ書くのが面倒になったから誤魔化したとかそーゆーんじゃないですから。
 …違いますってば!(小声



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。



 前編を未読の方はコチラ → 前編を読む
 中編を未読の方はコチラ → 中編を読む


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/05/20

工房小説 『美鈴開花』 中編

 登場人物の名前にピンときた方。
 まあ、そういうことなんですけども、わかるってことは地元なのかなぁ、とか。
 ストーリーには関係ないんで、そこはスルーでよろしくですぅ。



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。



 前編を未読の方はコチラ → 前編を読む


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »