2017/09/03

工房小説 『思い込んだら百里の道を』 前編

 メイリンって真面目な恋愛モノのキャラじゃないから、どう足掻いてもコメディにしかならないのが困り物。
 天然キャラに恋させるのって難しいよね(言い訳

メイリン 「私だって真面目に恋くらいしますよぅ」

 あっ、やめてそういうこと言うと怒り狂ったトリガーハッピーがやってk…
 ;y=ー    ( ゚д゚)・∵. ターン



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/05/21

工房小説 『美鈴開花』 後編

 クライマックスぶった切りな感じになってなくもない気がするんだけども、ハッキリ書くよりも含みを持たせた方がいいかなぁと思った結果のものですので、ご了承ください。
 決してキッチリ書くのが面倒になったから誤魔化したとかそーゆーんじゃないですから。
 …違いますってば!(小声



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。



 前編を未読の方はコチラ → 前編を読む
 中編を未読の方はコチラ → 中編を読む


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/05/20

工房小説 『美鈴開花』 中編

 登場人物の名前にピンときた方。
 まあ、そういうことなんですけども、わかるってことは地元なのかなぁ、とか。
 ストーリーには関係ないんで、そこはスルーでよろしくですぅ。



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。



 前編を未読の方はコチラ → 前編を読む


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/05/18

工房小説 『美鈴開花』 前編

 当工房のメイド、メイリンってどんな子?
 と親の私が思うほど不思議な子です。
 とらえどころがなくてふわふわしててぽわぽわしてて。
 衣装作りが好きで演技力が異常に高く、変装もこなしちゃう。声も少しは変えられる。
 演技に集中して他人になりきると人格や能力まで変わっちゃう。
 チョコが好きでお菓子作りはプロ級、特にココアケーキが大好きで我を失うこともしばしば。
 神様に溺愛された強運の持ち主で、彼女の周囲はいつも笑顔であふれている。
 常人よりはるかに高スペックなヴィアーチェ・ローナに「メイリンは天才」と言わしめる。


 …ね、よく分からない子でしょう?

 というわけで、少しでも彼女の設定を固めてやろうと書いた、メイリンの過去の物語。
 でもあんまり固まってない気がするのは気のせいです(迫真
 なんでもいいからヒマつぶししたいお客様だけお読みください。



 この作品はフィクションです。
 登場する団体・人物等は現実のものと一切関係ありません。



 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
2017/02/28

工房主 「工房でプレミアムフライデーを採用しようと思う」

工房主 「どうだろうか?」
アレッサ 「いいんじゃね? 大した仕事も無いし、終業を二時間早めても影響しないだろ」
工房主 「そうだね。せっかくだし、毎週やるというのもいいかもしれない」
アレッサ 「うお。太っ腹だナ。やっちゃえ」
ローナ 「いいんですかアレッサさん。月四回、八時間分のお給料が毎月減るってことですよ」
クローディア 「それにその日の夕食はまかないから出なくなるな」
アレッサ 「それは困る。採用反対!」
工房主 「……ちっ……(気づかれたか)」


 
>>続きを読む
創作小説 | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »